織り・染め・紡ぎ・編みの工房と教室 モン・トリコ

トップページ 自分で作って自分で纏う 工房について 各講座のご案内 生徒さん作品 これまでの季節の草花 これまでのお知らせ リンクページ お問い合わせ サイトマップ



モントリコのマーク since 2001.6.28

工房について

岡崎工房 〒444-0015 愛知県岡崎市中町9-7-3 TEL・FAX 0564-22-8843 2001年4月にオープンしたモン・トリコ2番目の自宅兼工房。足踏機講座開始のための増築も無事完成し益々講座内容も充実しました。庭には、さくら、梅、ヤシャブシ、ソヨゴ、くちなし、etc. あと2〜3年もすれば染色前に採集も楽しめます。向かいの藪にはオニグルミもあります。 名古屋工房  〒467-0059 名古屋市瑞穂区軍水町3-54-1 TEL/FAX052-833-5969 平成元年オープンの工房。モン・トリコの原点です。 2002年秋、足踏み機講座開講しました。都会の真中にありながら、近くを流れる天白川の堤防は、草木染の材料の宝庫です。

オープン以来のアイドル、柴犬の「ゆき」が2006年に、猫の「たん」が2011年に天寿をまっとうしました。
今は、猫のぷちちょこが岡崎工房のアイドルです。
1日1回は必ず皆さんの創作風景を見に、アトリエにご挨拶に来ますのでよろしくおねがいします。


ゆきとたんの写真 ぷちとちょこの写真

主宰者プロフィール

中山 美伸(なかやま みのぶ)

1959年札幌生まれ、蟹座・AB型

作品作りに関しては多産な方ではなく、ゆっくりじっくりタイプ。
オーダーの作品作りが忙しいこともあって、
思い立ってから展示会の作品を作りためるまで2〜3年はかかります。
趣味は物作り全般。
棚からカーテンまで、何かを作っている時が幸せなときです。


南山大学文学部人類学科卒。同校勤務ののち、
「平賀編物服飾専門学校」にて編物、
「川島テキスタイルスクール」にて糸紡ぎ、染織を学ぶ。

文部省認可 手編み師範取得 (社)日本編物文化協会会員

1989年 名古屋市に工房「モン・トリコ」設立

1992年 三越星ヶ丘店ギャラリークリエにて作品展開催  

〜自然からの色と素材、その意外なバリエーション〜


1996年 愛知県女性総合センターにて作品展開催  

〜心で感じるニット〜


2001年 岡崎工房開設  

これまで主にニットを中心とした作品作りを行ってきましたが、
 この後は創作の範囲を織物にも広げて活動しています。


2004年 第4回紬と織の公募展 優勝

2005年 第5回紬と織の公募展 入選

2008年 現代手織物クラフト公募展 入選

2014年 第69回新匠工芸展 「秋照」 佳作賞


現在の活動について

2003年頃より着尺と帯の制作に取り組むようになりました。  
以前よりも受講生の方も増え、忘年会兼作品発表の前には時間延長や
臨時開講でラストスパートということもあります。出張講習も特例で
始めましたので、機を組み立てたり、自分が見たこともない道具を見
たり、糸の量に驚いたり却って自分の勉強になります。在籍期間の長
い方は要求水準が高くなりそれに合わせて自分も試織や試験染めで準
備が必要な場合もあります。                  

時間がないこともあり、私自身の発表作品は一層多産ではありません
が、気持ちが随分変化したようです。2,3年前から自分の立ち位置
を決め、作りたいものをつくるように、より自然になりました。  
合間、合間に作る気分転換のモノたち。それはもう気が多すぎてここ
には書ききれないくらいです。無関係に見えてもめぐりめぐってプラ
スに作用しあっているように思えます。入魂して大作を作るときは自
分のインスピレーションを信じて妥協だけはせずに作るだけです。 

そんな有様ですから家事はどんどん片隅に追いやられる一方ですが、
くる日もくる日も、妄想と作ることを楽しんでいます。      

家族

夫と、猫のぷち(右:オス1999.10.10生まれ)と猫のちょこ(左:メス推定2010.9生まれ)

猫のちょことぷちの写真

ゆきについて

柴犬のゆきの写真
我が家の愛犬「ゆき」が亡くなったのが2006年1月31日です。
平成元年のモン・トリコの創業とともに我が家の一員になりました。
今でも真正面からその悲しい現実を受け入れられない状態です。
無意識に「ゆき」のことを思い出さないようにしているようです。
楽しい思い出として笑って思い出せる日が来るのでしょうか。

たんについて

猫のたんの思い出写真
このページのトップへ戻る