織り・染め・紡ぎ・編みの工房と教室 モン・トリコ

トップページ 自分で作って自分で纏う 工房について 各講座のご案内 生徒さん作品 これまでの季節の草花 これまでのお知らせ リンクページ お問い合わせ サイトマップ

モントリコのマーク since 2001.6.28

モン・トリコからのお知らせ

モントリコからのメールが届かない方へ

様々な理由(迷惑メール防止機能、メールボックス容量オー
バー、メールアドレスの間違いなど)により、頂いたお問い
合わせに対するお返事のメールが送信できない、または届か
ない場合がございます。お手数をお掛けすることになってし
まい本当に恐縮ですが「連絡しているのに連絡がない」など
ありましたら再度ご連絡いただけると幸いです。     

お問い合わせの際に電話番号をご記入をお願いしています。
どうしてもメールが送れない場合にだけ使用いたします。 

草木染めのご案内

2016年の草木染の日程ご案内ページへ

(各期の日程や材と色の見本についてご案内しています。)

今まで3か月ごとに毎月分ご案内しておりましたが、1か月
で区切ると植物の採集のタイミングが難しい為、4期に分け
ることに致しました。予め決めてある植物以外にも染めたい
色がありましたらどんどんご希望を出して下さい。精一杯お
応えします。                     


2016年4月28日

90th記念国展に入選しました

今、東京で行われている90th記念国展に入選しました。
部門は工芸部(織)、初出品・初入選です。       
作品のタイトルは「O3(オゾン)の天蓋」です。     

国展 公式サイト:http://www.kokuten.com      

【本展】 東京 六本木 国立新美術館         
2016年4月27日(水)から5月9日(月)まで   

【名古屋展】 愛知県美術館ギャラリー         
2016年5月24日(火)から5月29日(日)まで  

90th国展入選作品の写真1
90th国展入選作品の写真2 90th国展入選作品の写真3
展示会場では周りの色彩が鮮やかでしたので、自分が思った
より大人しく、沈んだ印象になってしまいました。あまり色
彩を派手にはしたくないのですが、いかに文様に主張させら
れるかは、やはり色使いをもっと練ることだと感じました。
今後の課題にしたいと思います。            

2016年1月10日

忘年会を催しました

昨年12月に作品発表を兼ねた忘年会を開催しました
多くの方にご参加いただき、楽しい会になりました。
作品の充実度も最高で見ごたえのあるものでした。 
発表作品の写真をこちらのページでご紹介します。    


2015年12月24日

講座の空き状況について

現在、岡崎教室・名古屋教室ともにすでに満員となっている
講座/曜日があります。受講をご検討の際はぜひ一度お問い
合わせ下さい。どうぞよろしくお願いします。      


2014年11月11日

第69回新匠工芸展で入賞しました

第69回新匠工芸展で佳作に入賞しました。作品タイトルは
「秋照」です。ここ数年、夏は一層、酷暑となり、植物たち
は耐えるように過ごします。秋風が吹き始めると、凛と澄ん
だ空気の中で、ホッとしたように、春とは又違った表情でそ
の生を燃やします。その色彩と質感は秋の日の光にも似て 
「照」そのものだと感じます。この着物は、大好きな季節に
同化しつつも映えるよう、自分が纏う為に制作しました。 

第69回新匠工芸展 受賞作品のページ
http://shinsyoukougeikai.jp/99_blank001.html

上記ページにて出展作品をご覧頂けます。


2014年9月24日

岡崎の駐車場が増えました

岡崎の駐車場が増えました。坂の下に一台借りました。  
荷物の少ない方、急な坂が苦手な方はどうぞ。      


2014年9月24日

ミニ針山

機一台にミニ針山1個。待針の落し物が増えたので杼入れ箱
にいつも針山があれば大丈夫だろうとペットボトルや薬のキ
ャップで作りました。錆びないシリコン綿が入っています。
ミニ針山の写真

2014年9月29日 追記
手前の細編の二つは名古屋用と岡崎用にニット用待針や毛糸
針用に残り糸を使って作りました。奥の3つはリバティーで
作ったもの。中綿の出ていた古い針山を全てリニュアルしま
した。                        
ミニ針山の写真


2014年3月25日

便利な道具、通称かんざし

便利な道具 かんざしの写真2

便利な道具 かんざしの写真1

知る人ぞ知る便利な道具、かんざし。          
以前、着尺を学んだ学校で購入しました。綜絖通しのときに
写真のように使います。以降、作る人がいなくなって買えな
くなり生徒さんのご要望に応えることが出来ず、何年か経ち
ましたが・・・。何でも作れる器用な生徒さんに作っていた
だけることになりました。サイズも材料もオリジナルと同じ
です。腕も確かです。でも、本業ではないので材料の確保や
手間はとてもかかります。また、沢山一度につくれません。
今5本あります。お値段は3200円です。       
ご希望の方はお問い合わせください。          


2013年12月9日

二重織の猫の帯

二重織の猫の帯の写真1 二重織の猫の帯の写真2
ご依頼を受けて、二重織で毬で遊ぶ猫を織り出しました。 
地の色が濃い方はグレー系紫系の段ぼかしが背景、淡い方は
アイボリーを基調とした細い縞です。両面使える京袋帯に仕
上げました。                     


2013年12月6日

千鳥格子の帯

千鳥格子の帯の写真3
一見、千鳥格子に見えるこの帯ですが、1コの柄を大きくす
る為に、組織に色々な工夫をし、8枚綜絖の機ではダメで、
手作りで2枚足しました。機に一切傷を付けず、手持ちの道
具のみで作るのは大変でしたが、何とか、帯は10日で織り
上がり、忘年会に間に合いました。本当はもう2枚足せると
もっと、浮糸を押さえることができ、帯地としては安定した
と思います。                     
千鳥格子の帯の写真1
千鳥格子の帯の写真2


岡崎中日文化センター生募集中!!

詳細・お申し込みは岡崎中日文化センターへ(TEL 0120 - 22 - 3096)
講座内容は、こちらのページをご確認ください。

最終更新日: 2016年7月13日
季節の草花

トケイソウ

コレは何の花だと思いますか? トケイソウです。その名前の通り花の形が時計に似ているからです。最近知られてきた、パッションフルーツも仲間でこちらはクダモノトケイソウといいます。冬青が直射日光に弱いので、日陰を作る為に植えています。いまでは、氷点下になっても越冬できる品種が沢山あります。

*−*−*−*−*

2015年6月分からの「季節の草花」を下記リンクよりご覧いただけます。
これまでの季節の草花のページへ

手仕事は本物の癒し

本物の癒しとは何でしょうか?

モン・トリコでは本当の癒しを
みなさまに手に入れていただく
お手伝いをしています。

紡ぎ車をゆっくり回して
糸を紡いでいると
だんだん頭の中が空っぽになって
心地よいリズムがゆっくりと
時を刻んでゆきます。

野山に咲いている草木から
色をもらって染めた羊の毛だったら
なおさらです。

ふわふわの羊の毛や真綿を染めて
紡いで、編んだり織ったりするのは
とても時間のかかることです。

無心になれるその長い過程こそが
忙しい私たちに
本当の癒しを教えてくれます。

しかも、副産物はやさしい色の
セーターやショール、バッグや
着物や帯なのですから
手仕事って素敵です。
二重織りの帯の写真 着物や帯、原毛、紬車の写真
このページのトップへ戻る